a
 風水学研究所 玄武
TEL:(0265) 78-8378 FAX:(0265) 76-7381  
 
太喜について
 
よくある疑問、質問
 
 

  質問1)

太喜は何で出来ているのですか?

 

本体部は、大地より電気抵抗の大きなカーボンで構成され、そして本体部上端側軸心部は、本体よりさらに電気抵抗の大きなカーボン部材で出来ています。太喜の中心の突起部分には、水晶を埋め込んであります。この水晶部分から上に向かってエネルギーが放出されます。

 
    質問2) どんな効果があるのですか?
 

太喜は、住宅や土地の地電流を安定させ、風水で吉相と言われる「イヤシロチ」に近づけます。「太喜」を地中に埋設すると、大地の地電流を集積してエネルギーを放射して、磁場を安定させる働きをします。
その結果、「イヤシロチ」という、生命力を活性化させる環境に近づけることが出来ます。

 ・凶相の住宅を吉相地に改善 --- 凶相の水回り、鬼門の玄関、欠けの住宅などに。
 ・健康的に良好な環境に近づけます。
 ・精神的に安定して、清々しい環境になります。
 

   
 
  質問3)
効果はすぐに現れるのでしょうか?
  すぐには現れません。効果は徐々にゆっくりと現れます。(1週間〜1ヶ月)
ある家では、太喜を埋設した場所のあじさいが4年目には大きく立派な花を咲かせるようになりました。
また、太喜の効果は人間より、動物や植物の方がはっきり出ます。
動物や植物は、人間よりも純粋だからかもしれません。
 
太喜は、1個よりも2個を設置した方がパワーが高くなります。それは、太喜同士の相乗効果により、パワーが増幅されるからです。
   
 
  質問4)
地電流とは何ですか?
  地電流とは、地中を流れる電流のことです。日本の平均的な数値としては150ミリボルト前後が最も多いようです。
150ミリボルトに満たない場所の地電流を計測すると、数値の上下動が乱れて安定しにくいため、地場の不安定さが起こります。この影響が人にもたらされ、健康面での不調や無気力などを招くことになります。
180ミリボルト以上の地電流になると、かなり上下動が安定し、その場所は居住に快適な環境となります。
太喜を地中に埋設した場合、その場所の地電流を180ミリボルト以上に上げて、地場を安定させることができます。
自然風水で見て「気」が集まっている場所は「穴」と呼ばれます。この吉相地の地電流はかなり高く、地場も安定しています。
 

 

 
  質問5)
太喜は木炭を使用するのとは効果が違うのですか?
 
木炭を使用する埋炭法も地電流を安定させる効果があります。
ただ、木炭を使用する場合は、良質の炭を、かつ大量に使用しなければ効果が期待できません。
太喜1個は木炭150kgに匹敵します。
太喜は木炭より安い価格で、埋炭以上の効果が期待できます。
そして、場所もあまり取らずに、埋設も簡単にできます。
  詳しくは 「太喜」と「炭素埋設法」の違い のページへ
   
 

     
   お問い合わせ先は
  
風水学研究所 玄武
Email  yamada@genbu.gr.jp
電 話  (0265) 78-8378
     
  「太喜」のご注文はこちら   
     
  「太喜について」  
     
 
 
         
   
 
 
-------------------------------------------------------------
風水学研究所 玄武
URL  http://www.genbu.gr.jp/
Email  yamada@genbu.gr.jp
-------------------------------------------------------------