風水学研究所 玄武  
   
 
   
 人生、何が吉となり、凶となるか分からない  
     
  自分の運命を知り、余生を有意義に過ごせるか、
それとも自分の運命を知り恐怖して余生を無駄に過ごしてしまうか?
ようするに考え方一つで、全て人生にとって良い事にもなりうるものだと思います。
いかなる場合でも前向きに考えられる人生観や精神的土台は是非とも必要ですよね。
そこで、一つ故事成語をご紹介します。

昔、中国北方の国境地帯の要寒の近くに占術に熟練したおじいさんがいた。
ある時、お爺さんの馬が北方の異民族の地に逃げていってしまった。
隣人が気の毒がると、おじいさんはこう言った。
「これが、幸いにならんとは限らん」

何ヶ月か過ぎた頃、逃げた馬がメス馬を連れて戻ってきた。
隣人がお祝いを言うと、お爺さんはこう言った。
「これが福になるとは限らない」

おじいさんの家には良馬が増えたのだが、ある時、馬が連れてきたメス馬を乗り回していた息子が落馬して足を骨折してしまった。隣人が気の毒がると、おじいさんは言った。
「これが福にならんとは限らん」

それから一年ほど経つと、北方の異民族との間に戦争が始まり、おじいさんの住んでいた村の若者たちは皆徴兵され、全員戦死してしまった。
おじいさんの息子は足が悪かったので、徴兵されずに無事であった。

この話は、
「人生は、お爺さんの馬と同じで、何が福となり、何が凶となるか分からないものである」
と言う意味で使用されている中国の故事成語です。
人生にはもともと波があることを理解していたために、人生の福や凶に心が囚われることがなく、一件不幸のように見えることにも苦悩せずに過ごすことが出来たことを表しているのではないかと思います。
私(山田)も上記と同じような事を良く話していたのです、これを読んで改めてその通りだとつくづく感じているところです。
                         風水学研究所 玄武
                                
   
  以上の文は「東西占星術研究所」のコラムの一部を掲載させていただきました。

 東西占星術研究所のHPはこちら ↓
 http://www.interq.or.jp/mars/tozai/
 

 

  -------------------------------------------------------------
風水学研究所 玄武
URL   http://www.genbu.gr.jp/
E-mail  yamada@genbu.gr.jp
-------------------------------------------------------------