風水学研究所 玄武  

「五龍地」

<土地の形による吉凶>

   
写真は、「四龍の地」の例
   
  たまに見るのですが、立派な住宅で家相もいいように見えますが、土地の形や道路からのアプローチ、門の向き、道路からの方位などが凶となる家を時々見かけます。
家相だけ吉であっても土地の相が良くないと、吉意が半減すると思います。
下記の「五龍の地」も参考にすると。。。
   
  五行いずれの性の人も、四龍の地は避けるがよい、この土地のことを主無き地とも言います。
この地に住む人は、‘身代を無くし、言い争いが生じ、喧嘩が絶えず、また火や 風の難が多くやってくる、水害や盗難に襲われて財産を失う事である。
このような土地に住まないように。
風水では、エネルギーは「穴」(ケツ)と呼ばれるエネルギースポットに集まると考えられている。「穴」の文字からも分かるように、落ちくぼんだ地形部分をさしている、女体を大地に移した感じです。そこから気が一番出ているのです。
ところが周囲が低く中央が高いと、コップから水があふれ出すように、生気はプールされず、どんどん外に逃げ出す事になります。
   
  東が低く西が高いのは 青龍の地
  南が低く北が高いのは 赤龍の地
  西が低く東が高いのは 白龍の地
  北が低く南が高いのは 黒龍の地
  中央が低く周囲が高いのは 黄龍の地
  周囲が低く中央が高いのは 四龍の地
   
  自分の性を知って、住んでいる土地がどの龍に属するか調べて、自分の五性と土地との相性を知ってみましょう。
   
以下の手順で五龍地との吉凶を見ます。
(1)生まれ年の干支を出す
番号
干支
番号
干支
番号
干支
番号
干支
番号
干支
番号
干支
1
甲 子
11
甲 戌
21
甲 申
31
甲 午
41
甲 辰
51
甲 寅
2
乙 丑
12
乙 亥
22
乙 酉
32
乙 未
42
乙 巳
52
乙 卯
3
丙 寅
13
丙 子
23
丙 戌
33
丙 申
43
丙 午
53
丙 辰
4
丁 卯
14
丁 丑
24
丁 亥
34
丁 酉
44
丁 未
54
丁 巳
5
戊 辰
15
戊 寅
25
戊 子
35
戊 戌
45
戊 申
55
戊 午
6
己 巳
16
己 卯
26
己 丑
36
己 亥
46
己 酉
56
己 未
7
庚 午
17
庚 辰
27
庚 寅
37
庚 子
47
庚 戌
57
庚 申
8
辛 未
18
辛 巳
28
辛 卯
38
辛 丑
48
辛 亥
58
辛 酉
9
壬 申
19
壬 午
29
壬 辰
39
壬 寅
49
壬 子
59
壬 戌
10
癸 酉
20
癸 未
30
癸 巳
40
癸 卯
50
癸 丑
60
癸 亥
生まれ年の干支の出し方
 自分の生まれた西暦年から3を引いた数を、60で割った、その余りの数を求める。
 すなわち(生まれ年の西暦年-3)÷60 で、60で割り切れないで、余った数を求めます。
 上記の表を見て、その数の右側の干支が、あなたの生まれ年の干支です。
 ちなみに、昭和元年は西暦1926年 昭和30年は西暦1955年
      昭和60年は西暦1985年 平成元年は西暦1989年 となります。
 注意することは、年の境は2月の立春になります。2月立春(2月4日)からが、その年となることです。
 立春より前に生まれた場合は、前の年の生まれとなります。
 例えば、西暦1980年の2月3日に生まれた人は、立春前になりますから、1979年の生まれとなります。
よくわからない方は下の計算例を参考にして下さい
上記説明の計算式(左) と 計算例(右)です     
 【計算式】
 
 西暦1960年生まれの人の場合
 @ (
1960-3) ...... 結果(1)
 A 結果(1)÷60 ...... 結果(2)
 B 結果(2)の小数点以下を切り捨てます ...... 結果(3)
 C 結果(3)の数字に60をかけます ...... 結果(4)
 D 結果(1)から 結果(4)を引きます ...... 結果(5)
 E 上記表を見て、結果(5)の番号の右側の干支が年干支です。
 【計算例】
 
 西暦1960年生まれの人の場合
 @ (
1960-3) ...... 1957
 A 1957÷60 ...... 32.61666...
 B 32.61666...の小数点以下を切り捨てます ...... 32
 C 32の数字に60をかけます ...... 1920
 D 1957から 1920 を引きます ...... 37
 E 上記の表を見て、37の番号の右側の干支が年干支です。...... 番号(37)は庚子

(2)干数・支数から自分の五性を出す
干数
支数

上記の表で出した干支を、左の表を見て、干数・支数を知ります。
例えば、壬辰の場合、壬の干数が5で辰の支数が3です。
その干数と支数を合計して干支数を出します。
合計が6以上の場合は、5を引いた残りの数が干支数です。
例えば、干支が壬辰の人の場合、5+3で合計が8となり、そこから5を引いた3が干支数となります。
求めた干支数から五性を求めます。
 1=木性、 2=金性、 3=水性
 4=火性、 5=土性


例えば、壬辰の人の場合、干支数は8で、そこから5を引いた数が3となります。3は水性となりますので、壬辰の人は水性ということになります。

1
1
1
1
2
2
2
2
3
3
3
3
4
1
4
1
5
2
5
2
3
3

(3)住む人の五行による五龍地の吉凶
五性
干支数
青龍地

赤龍地

白龍地
黒龍地
黄龍地
自分の五性を知ったら、左の表で五龍の土地との吉凶を見ます。

例えば、壬辰の人の場合、水性ですので、
青龍地は栄、赤龍地は患、白龍地は富、黒龍地は貧、黄龍地は病、となります。
吉凶の意味は下記の説明を見てください
木性
1
火性
4
土性
5

金性
2
水性
3

(4)吉凶の意味
  「貧」は住んでいる者を貧困に導く土地。
  「富」財産をもたらす土地で、結婚運もよくなる土地。
  「病」衰運の土地であり住む人は生気が衰え病気がちになる。
  「災」土地からの恵みを受けにくい、災難の多い土地。
  「栄」子孫繁栄の土地。
  「亡」は家が滅びる土地。
  「患」は憂患の多くなる土地。
  「没」は没落の土地。
  「楽」は喜び楽しみが多くなる土地。
 
「半」は吉凶が半々の土地。
「吉」は吉相の土地。
   
  【※注意】この五龍地だけで土地の吉凶を判断しないでください。
       相性が悪くても吉相の土地もあります。
   
  ● 家を建てるべき年があります。五性の人の家造りの吉凶診断もあります。