風水学研究所 玄武  
 
人の姓名には五声がある
  ●姓名には五声があり、性情で判断する。
  五 行 ---- 木   火   土   金   水
五 声 --- 牙音  喉音  舌音  歯音  唇音 

木性音 ------ カキクケコ ---(牙音)      
土性音 ------ アイウエオヤイユエヨワイウエヲ ---(喉音)
火性音 ------ タチツテトラリルレロナニヌネノ ---(舌音)
金性音 ------ サシスセソ --- (歯音)
水性音 ------ ハヒフヘホマミムメモ --- (唇音)
   
  ●五声別にみたタイプ
  木性音タイプ  (牙音) 
 春の野をささやく風のように、陽気で快活、正直で勉強かであるが、反面短気でおちょこちょいな所もあり、愛情面におけるせっかちが原因して失敗することが多い。

火性音タイプ  のど(喉音
 ものごと熱心で強い正義感の人情かであるが、移り気と興奮しやすい性格のため、人から誤解されたりして、育ち始めた芽を自ら折ってしまう傾向がある。
愛情面は時間をかけて育ててゆく態度が重要である。

土性音タイプ  (舌音)
 穏和で落ち落ちつきと順応性のある人柄で、信頼競れる。
しかし、常に意志を強く持ってないと判断が甘くなり、せっかくの信頼も水の泡となる。
特に女性の場合、土星音のタイプに神経症やヒステリーが多いと言われている。

金性音タイプ  (歯音)
 才能を備え人の気をそらすことのない、世渡り上手な人で、介在観念が発達している、人の世話もよく見るが、自分の領分はしっかり守っていくという、少々自己中心的な我がままな性格である。

水性音タイプ  (唇音)
 沈着冷静な理想的なタイプである。頭脳明晰、かつ研究心が旺盛であるので、一芸に秀ている人が多い。しかし表面は従順そうであっても内心は自尊心が強く、疑い深いので、他人に対し冷たい感じをいだかせることが多くある。
こうしたタイプの特性から、学者、研究家、芸能人、など、一芸に秀でるひとがよく ハ行、マ行、の音から出るものです。

  ●判断例
    美 空  ひ ば り

  ミ    ヒ     姓と名、両方に 水性音が着いている

五性は水声音、五性による判断は興味深いものがあります。
商店などの店の名前にも関係するか?
姓名判断と関連して吉が重なると良いのでは?現在研究中です。
姓名判断も捨てがたいものがありますが、、。
                    
興味のある方、ちょっとやってみて下さい。
結果を知らせてもらうと、うれしいです。
   
 

-------------------------------------------------------------
風水学研究所 玄武
URL   http://www.genbu.gr.jp/
E-mail  yamada@genbu.gr.jp
-------------------------------------------------------------