風水学研究所 玄武

 
 もし、間取りが凶相だったら!?
       建ててからでは遅すぎる! 
 
 
一家離散を招く凶相の家
鑑 定 実 例
 
ご依頼者 小林さん(仮名) 52才 (自営業・富山県在住)
ご依頼者の承諾を得て、公開しています)

築10年の中古住宅を事務所兼住宅として購入しようと思っています。

この家は贅沢な素材をふんだんに使って建てており
高級感があって、とてもいい家です。
当時、建物だけで¥8,000万くらいしたそうです。
夫も私も大変気に入ってしまい是非購入したいのですが、
トイレの位置がちょっと気になります。
家相・間取りが気になります、どうでしょうか?

 
【 診 断 結 果 】
(一部を掲載しています)
 
・ 玄  関    丑・癸 .............................. 表鬼門にかかり、凶
・ トイレ1    丁 ...................................... 南方位のトイレは凶
・ トイレ2    癸・亥 .............................. 小凶
・ 洗面1     丁 ...................................... 南の方位は凶
・ 洗面2     坤 ...................................... 裏鬼門にかかり、凶
・ 洗面3     酉 ...................................... 西の正中にかかり、凶
・ 浴 室     乾・戌 .............................. 八殺黄泉の方位で、凶
・ 台所流し    辛 ...................................... 八殺黄泉の方位で、凶
・ 太極(家の中心)  ...................................... 水回りがあり、凶
 
 
 

水回り  
 家の中心部分に水回りが集中しているのは大変間取りが悪い相です。
 また、水回りの位置もほとんどが凶方位にあります。

玄関の向き  
 玄関の向きが北を向いているのは、水回りが凶方位になりやすいです。
 また、玄関の方位も表鬼門に入っていますのでよくありません。

南方位の欠け  
 南の方位(丙)が大きく欠けているのは良くありません。
 家の繁栄を阻まれる意味があります。

購入について  
 以上の結果、現状の住宅の間取りは凶意の多い住宅となりますので、大改造をしなくてはなりません。金銭的にかなり負担がかかると思います。もし、この住宅をまだ購入していないのならば、他の物件を探したほうが、いいと思います。

 
中古住宅の購入は、特に家相に注意・・・・
  この住宅を診断してみると凶が重なっているのが多くて、びっくり。
「前の持ち主はどうしたのですか?」と聞いたところ、いつの間にか居なくなってしまったようです。
せっかく立派な家を建てても誰も住めなくなってしまったら何の意味もありません。
 

家を新築する場合は

 

せっかく大金を出して土地なり家などを買うのですから、
決める前にいろいろと検討して下さい。
 ・設計事務所、工務店、大手のメーカー、などに全て任せないこと。
  家相や、土地の吉凶などは無視されてしまうことが多いからです。
 ・お金を出すのはお施主様です。住む人が納得いくまで検討することです。
 ・あまり家相が悪いと、そこに住んでいる人が気付くことがあります。

参考になる、家づくりのポイント(あるメルマガより)
 ・家づくりで泣く人、笑う人 その1 ⇒ 大失敗から学んだこと
 ・家づくりで泣く人、笑う人 その2 ⇒ あなたの家づくり、味方するのは誰?
 
土地・住宅選びのチェックポイント
  1. 土地なら、以前は、何だったか(利用目的は)
2. 土地が東西南北のどちらに向いているか
3. 住宅から見て道路の方位は
4. 住宅から見て道路からのアプローチの方位は
5. 宅地は道路より低いか、高いか
6. 宅地の周りに何があるか、(池、川、電柱、工場、など)
 
宅地選びの4つの基本
1、龍 == 住人の地位や身分。
     吉 ---- 曲がりくねりや土地の上下の起伏が適度にある。
     凶 ---- 曲がりくねりや土地の上下の起伏がない。
  ** 高級住宅地は郊外の少し高い所あたりに多くありますよね。
 
2,穴 == 住人の安全。
     吉 ---- 曲がりくねりの道路の内側に住宅がある。
     凶 ---- 曲がりくねりの道路の外側に住宅がある。
  ** 道路がカーブしている場合、内側が吉になります。
 
3、砂 == 住人の健康と寿命。
     吉 ---- 適度の湿り気と水はけのよい地質。
     凶 ---- 適度の湿り気と水はけが、どちらかに偏った地質。
  ** これは、常識ですよね!
 
4,水 == 住人の金運や財産。
     吉 ---- 家屋をぐるりと囲むような水の流れ。
     凶 ---- 家屋に向かって反り返るような水の流れです。      
  **水の流れがゆるやかで、きれいでならば金銭運よく、入ったお金は貯まります。

 【実例1】風水吉相の地(伊那市)
 【実例2】行列のできそうな日本そば屋さん↓
   
     
 
     
 

行列のできそうな
   日本ソバ屋さん A店



3年くらい前に開店した日本ソバ屋さんです。

交通量の少ない山沿いに店を構えていますが、たいへん繁盛しています。
お昼はフリーで食べられますが、夜は予約制になっています。
自然の環境に溶け込み、暗くなるとロマンチックな雰囲気をかもし出しています。
ざるソバを食べたのですが(¥1.000)、ソバはB店さんの方が安くておいしいと思いました。

お客さんは、この店に入ってみたい気がするのです。
ここの店は風水的にはとても良好です。
土地の使い方と、全体のレイアウトが吉となります。


 ところで
  
B店さんは?おいしいのに、なんでだろう? 

   
 
ざるそば ¥1,000
   
 

   
方位の力であなたの人生に驚くほどの運がつく!気の入口は重視!

1)まず土地ですが、道路が住宅から見て、北、西、南、東、
  どっちの方位に道路があるかが重要です、
  これから土地を買う方、特に注意です。

2)家相自体の方位も大切ですが、もっと大事なのは「玄関の向き」です。
  "玄関の向き"とは---- 玄関から出かける時に人の顔が、南に向くか、西に向くか・・です。

3)敷地への気の入口である、「門の向き」「方位」
  "門の向き"とは ---- 門から出る時に人の顔が南に向くか、西に向くか・・です。
  門が無くても、門に変わる入口がありますよね、それも門とみなす場合があります。

 家相自体をいくら吉の住宅に配置しても、
 門や玄関の気の入口の組み合わせが悪いと 吉相の住宅も吉が半減します。

 
土地の気は重要
 家は土地から出る「気」の影響を強く受けています。
 実は、家はどんな土地に建てるかが重要なポイントとなります。
 新しく家を建てたり引っ越したりする時には、土地の吉凶を良くみて選ぶ事がいいのです。
 
住宅周辺も重要
 風水家相は、住宅や宅地自体を吉相にすることも大切ですが、
 住宅周辺の環境も重要になります。
  例えば、山・川・池・井戸・浄化槽など
  周辺の地形なども重要になります。
 
 私は下水設計の関係で多くの住宅に伺っています。
 経験から学び、実践しています。
 

    風水学研究所 玄武
URL
  http://www.genbu.gr.jp/
メール
  yamada@genbu.gr.jp
電 話
  0265-78-8378
FAX
  0265-76-8378