前のページへ戻る  

風水学研究所 玄武

   
 
いざ分杭峠へ!
 
〜 道のり案内 〜
 
マイカーで行く
 
分杭峠までのアクセス
   
 
   
     
  分杭峠へ行ったら
     高遠も観光しよう!
 
1) しんわの丘ローズガーデン
       &花の丘公園
 
 
5月は遅咲きの桜を満喫
 
6月は薔薇の大群が華やかに花開く

 
2) 高遠城址公園の桜
 
4月は高遠城址公園の見事な桜
 
10・11月は紅葉の秋祭り
     
 
このページは「伊那インター」(長野県伊那市) を降りて行く場合のルートをご紹介します。
 
  分杭峠までの道のりの他に、お店、休憩所、目印などもご紹介します。
   
通行規制により、2010年3月20日(土)から分杭峠の気場はマイカー乗り入れ禁止となりました。
    詳しくは分杭峠 通行状況のページへ
   

 
駒ヶ根インターから行く場合はこちら
     名古屋方面から来る方に便利です。
     便利になったGoogle マップでルートを見れます。
     
 
高速バスや電車で行く場合はこちら
     
 
     

 
【携帯用のページを見るには】
 

○ケータイ用サイト↓ (分杭峠への道のり案内)
http://www.genbu.gr.jp/mob/topic/bunkui/access.php
   
このURLをメールで送る
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
  -----【スポンサーサイト】-----
 


●道のり(1)
中央自動車道「伊那インター」を降りて出口を左へ(東へ)曲がります。
それから、ゆるやかに下る道路(87号線アクセス道路)をまっすぐ(東へ)降りていきます。途中右側の遠目に「伊那中央総合病院」の大きな建物が見えます。

●道のり(2)
87号線アクセス道路をまっすぐ降りていくと国道153号線(伊那バイパス)につきあたります。
このT字路を右に(南へ)曲がります。(つきあたりにはパチンコ店があります)
そして国道153号線をまっすぐ南へ向かいます。そのまま信号のある交差点を9ヶ所位 通過します。

通過する交差点は、
「水神町南」→「中央病院入口」(旧病院跡です)→「山寺」→「入舟」→「荒井」→「消防署」→「?」→「西町」→「沢」の順で通過していきます。

国道153号線は、途中から道路の左側(東側)に沿って「天竜川」が見えてきます。

●道のり(3)
上記「沢」の交差点の次が「市役所入口」という交差点です。そこを左へ(東へ)曲がります。天竜川に架かる橋を渡ることになります。この橋を渡った先の右側には「伊那市役所」が見えます。
この道路は市役所前の「ナイスロード」と言う道路です。(下写真は「伊那市役所」です)

◆伊那市役所周辺の地図はこちら→ ヤフー地図でこの場所を見る
 
★伊那市役所から分杭峠まで、約31kmです。


●道のり(4)
このナイスロードを、ずっとまっすぐ(東へ)向かいます。ナイスロードは、途中で曲がりくねっていますが、そのまま道なりに行ってください。最初は市役所通りなので、道路の両側にはお店がいくつも並んでいます。メガネ店、洋服店、スーパー、回転寿司、ローソン、カインズホーム、ラーメン店、ヤマダ電機、野菜店、パン屋さんなどのお店が並んでいます。
 
しばらく行くと建物がなくなり、道路の両側には田んぼが並ぶようになります。田んぼ道の途中には、公衆トイレがありますので(右側)、ここでトイレ休憩することが出来ます。
 
この道路を伊那市役所から、およそ10分ほど車で走るとT字路につきあたります。このつきあたりの道路を右へ(南へ)曲がります。右へ曲がるとすぐ橋を渡ることになります。この橋の下に流れる河川は「三峰川」(みぶかわ)です。
この橋を渡り終えたら、すぐ先に信号のある交差点があります。そこを左へ(東へ)曲がってください。
 ※まっすぐ行き過ぎないようにご注意。右折して橋を渡ったら、すぐに左折です。

左へ曲がった道路は県道209号線です。このあたりから高遠町に入ります。
209号線の道路を(東へ)しばらく走ります。

●道のり(5)
209号線の道路をしばらく行くと、左側に広い敷地があります。ここは、高遠の桜の花見シーズンには臨時駐車場として利用されます。ここに車を置いて、シャトルバスで高遠城址公園の桜を見に行くことが出来ます。(シャトルバスの運行は、毎年4月頃になります。)
 
209号線は途中から上り坂になります。この上り坂を上がりきると左側に「ニシザワショッパーズ」というスーパーがあります。このお店を過ぎて、すぐ先に、三叉路の信号付き交差点があります。交差点の名前は「小原」交差点です。この交差点を右へ曲がります。
曲がった先の道路は「国道152号線(秋葉街道)」です。すぐ先にトンネル(白山トンネル)があります。このトンネルを抜けて、更にまっすぐ車で走ります。

★白山トンネルから分杭峠まで、あと約20kmです。
 (伊那市役所から約11km地点で、車で約15分経過)

お店案内 ---【セブンイレブンとスーパー】    
  209号線の道路をしばらく行くと、途中から上り坂になり、この上り坂を上がりきるあたりの左側にはコンビニの「セブンイレブン」があり、その少し先にはスーパー「ニシザワショッパーズ」があります。これらのお店で食料品や飲み物を買うことができます。
右写真は「ニシザワショッパーズ」の写真です。
 

名所案内 ---【高遠城址公園の桜】(伊那市高遠)
  白山トンネルを抜けた先の左側には、高遠湖(人工ダム)と宿泊施設「高遠さくらホテル」が見えます。そしてすぐ側には高遠城址跡公園があります。
高遠城址跡公園は「高遠の桜」で有名な場所です。4月中旬頃には桜の花見客で大変にぎわいます。
高遠の桜を見に来られる方は、白山トンネルを抜けた先の左側にも臨時駐車場が設けられますのでご利用ください。臨時駐車場は「高遠さくらホテル」周辺に、いくつか設けられます。ここからですと高遠城址まで歩いて行ける距離です。
 
お花見シーズンは「高遠さくらホテル」に宿泊するとすぐ近くなので便利です。ホテルのすぐ目の前には高遠城址の満開の桜が広がっています。
下の写真は、高遠城址公園の桜です。この桜は「コヒガン桜」で色は濃いめのピンクなのでとても映える色合いをしています。

◆「高遠さくらホテル」ホームページはこちら↓
 http://www.ina-city-kankou.co.jp/cms/modules/tinyd4/
 
     
   

●道のり(6)
「国道152号線(秋葉街道)」を道なりに、ずっと走って行きます。途中で右側に「美和ダム」が見えてきます。大きなダムです。美和ダムを右に見ながらしばらく行くと「道の駅」のお店が左側にあります。このあたりから長谷(旧・長谷村)になります。

観光案内 ---【美和ダム】    
 

右の写真は、広く雄大な美和ダムです。ダムなのですが、湖のようにゆるやかに静かに水が漂っています。とても静かな場所です。
しばらくの間、このダムを右側に沿わせながら分杭峠へと走ることになります。
 
(右の写真は、逆方向から撮影したので、ダムが左側となっています)

 

お店紹介 ---【道の駅】(長野県伊那市長谷非持1400)
  「道の駅」では、トイレ休憩が出来ます。また、食事をしたり、休憩をしたり、お土産を買ったりすることができます。
 
右上の写真は分杭峠へ向かうときに
見える「道の駅」の標識です。
写真では良く分かりませんが、標識には
「道の駅 南アルプスむら長谷」
と書いてあります。この標識を目安にすると便利です。

 
右下の写真は「道の駅」の入口を撮影したものです。ひし形で濃いグリーン色の看板が立っています。
看板には「道の駅 南アルプスむら」
と書いてあります。
   
       
 

  左の写真は「道の駅」の外観です。山と川を抱いた穏やかな場所に建っています。
 
★道の駅から分杭峠まで、あと約16km。
 (伊那市役所から約15km地点で、
  車で約20分経過)

●道のり(7)
その後、美和ダムを後にして国道152号線を道なりに走り続けますと、右側に宿泊施設「入野谷」ホテルが見えてきます。この入野谷ホテルを過ぎてしばらく行くと上り坂になります。この先の道路は狭くて急カーブが多いので危ないです。車同士がすれ違うのもぎりぎりですので、スピードを緩めて慎重に進んでください。

宿泊施設紹介 --- 気の里【入野谷 (いりのや) 】(長野県伊那市長谷市野瀬405番地1)
  気の里「入野谷」ホテルは、遠方から療養を兼ねて分杭峠に来られる方に便利です。ここに宿泊すると分杭峠から近いので、峠に数日間通う場合には便利な宿泊施設です。また、気の恩恵も受けられます。「入野谷」の施設内にはリラックスして瞑想出来る「瞑想室」があります。定期的に各種セミナーなども行われています。
 
◆「入野谷」のホームページはこちら↓
 http://www.ina-city-kankou.co.jp/cms/modules/tinyd2
 
★入野谷ホテルから分杭峠まで、あと約7kmです。
 (伊那市役所から約24km地点)
 

●道のり(8)分杭峠のふもとの シャトルバス発着場へ
ホテル「入野谷」から約2km行きますと道路左側にシャトルバス発着場(粟沢駐車場)が見えてきます。看板が出ていますので、すぐにわかると思います。
ここは100台収容の専用駐車場ともなっていますので、ここにマイカーを置いてシャトルバスに乗り換えます。
 
通行規制により、
2010年3月20日(土)から分杭峠の気場はマイカー乗り入れ禁止となりました。

 
バスは、1時間に1本の間隔で運行されています。込み具合によってバスの運行時間や本数が変わるようです。運賃は往復600円です。シャトルバスは朝8時から午後4時まで運行しています。
   分杭峠シャトルバスについての詳細はこちらのページへ

●道のり(9)最終地点「分杭峠」へ
急カーブで、くねくね道の上り坂を上がりきったところに「分杭峠」があります。
「長谷」と「大鹿村」との境にある峠が「分杭峠」となります。
シャトルバスを降りた駐車場の隅に気場入口があります。そこを歩いて降りて行きます。
 
★分杭峠は、伊那市役所から約31km地点となり、車の場合 トータルで約45分かかります。
   分杭峠周辺の地図はこちら
 

目的地---【分杭峠】    
 

右の写真は、分杭峠の気場から少し手前の写真です。
何もない場所ですが、トイレはあります。右写真の中央の建物がトイレです。
 
撮影した日は2009年4月29日でゴールデンウィーク始めの祭日でしたので、たくさんの方が訪れていました。
2010年3月20日からマイカー乗り入れ禁止となったので、写真に見える駐車場は現在、閉鎖されています。

※分杭峠のトイレですが、冬期は水が凍結する為、使用禁止になります。代わりに簡易トイレが設置されています。

 

お店紹介 ---【道の駅】帰り道    
 

「道の駅」は上記にも紹介しましたが、もう少し詳しく説明します。
 
分杭峠へ行った後の帰り道で「道の駅」に立ち寄る人は多いようです。
帰り道の場合は、道の駅は道路の右側にあります。
右写真の看板を目安にするといいです。看板には「南アルプスむら」と書いてありますが、これは道の駅の中にあるパン屋さんの店名です。

 

       
  上写真は「道の駅」の外観です。
ここでは、食事をしたり、コーヒーを飲んだり、休憩をしたり、お土産を買ったりすることができます。お天気がいいときは、外の庭でお茶することも出来ます。外でくつろいでいると風がさわやかに吹いてきます。
私は、分杭峠に行った帰り道に寄ります。休憩も兼ねて、ここへ立ち寄るといいですよ。
 
★「分杭峠」から「道の駅」までは約16kmです。
 
以前ここに立ち寄ったとき、外の芝生を蛇が悠々と散歩しているのを見たことがあります。雨上がりの陽気が良いときでしたが、草を刈った後だったので、おどろいて出てきたのかもしれません。蛇の種類は、確か青大将(あおだいしょう)だったと思います(毒を持っていないヘビです)。きれいな茶色の蛇でしたが、やっぱりビックリでした。
 
この施設内にあるパン屋さん「南アルプスむら」のパンは、好評です。特にクロワッサンはすぐに売り切れてしまうということです。左下写真の通り、夕方間近に立ち寄ったときは、店内の棚にはパンが何もありませんでした。しばらく待つと次のパンが焼き上がるようです。
 
◆「道の駅」ホームページはこちら↓
 http://www.ina-city-kankou.co.jp/cms/modules/tinyd5/
       
 
 
 
↑パン屋さん「南アルプスむら」
 
↑お土産店
       


 
【携帯用のページを見るには】  
QRコード↓
 

携帯から分杭峠のページを見ることが出来ます。

右のQRコードを携帯で撮影しますと(バーコードリーダー) 簡単に携帯ページにアクセスできます。

ケータイ用サイト↓
http://www.genbu.gr.jp/mob/topic/bunkui/access.php
   
このURLをメールで送る

 
       


分杭峠へ行ったら、高遠も観光してみよう!
 
 
 
(1)
しんわの丘ローズガーデン
       &花の丘公園
 
 
5月は遅咲きの桜を満喫
 
6月は薔薇の大群が華やかに花開く
   
 
 
(2)
高遠城址公園の桜
 
 
4月は高遠城址公園の見事な桜
 
10・11月は紅葉の秋祭り