玄武トップへ  家相と風水へ  玄武の占いへ

.

 光前寺(長野県駒ヶ根市)

 光前寺(こうぜんじ)(長野県駒ヶ根市)

【 光前寺 参道】
 
上写真は、長野県駒ヶ根市にある「光前寺」というお寺です。
 (天台宗 別格本山)

なだらかに上がっている地形の途中に建てられており、風水的にも良い場所に建てられています。 ここへ行くと、不思議なことに、とても気分が癒されます。
光前寺には「霊犬 早太郎伝説」で知られている「早太郎」という勇敢な犬がまつられています。
 
 

 
霊犬 早太郎伝説 → こちらのページ
     光前寺には昔より「霊犬早太郎伝説」が伝えられております。
 

 
光前寺の桜(2008年4月撮影)
    毎年4月になると、濃い桃色のしだれ桜と、白と桃色の石楠花が花を咲かせて、とても華やかです。
     色鮮やかな昼間の桜は → こちらのページ
     幻想的な夜の桜は → こちらのページ

 
光前寺の御開帳 → こちらのページ
     2010年4月に光前寺開創1150年祭「御開帳」が行われました。
 

    光前寺の案内図は → こちら
    光前寺が建立されている場所・地形図は → こちら
 

 
光前寺についての観光案内所 (駒ヶ根市観光振興センター)
     お問合せ先 :(0265)81-7700
     ホームページ: 駒ヶ根市観光協会
 
 所在地:長野県駒ヶ根市赤穂759-447 駒ヶ根ファームス内
 

  ●門前(写真左)
 
左写真は、光前寺の入口の仁王門です。
両側の門の中には大きな金剛力士像が安置されており、門番のように立ちはだかっています。
 
   

  ●手前参道(写真左)
 
門をくぐり抜けると長くなだらかな石畳が続いています。石畳の両側には、たくさんの樹木が繁茂しており、お参りに行く人たちを歓迎してくれているようです。爽やかな木々たちです。
 
   

  ●奥の参道(写真左)
 
さらに石畳を登っていくと、今度は大きな杉の木が両側に並んでいます。樹齢何百年?という大きく立派な杉の木です。まさしくご神木のような木です。
ここまで来ると、暑い夏の盛りなのに、先ほどまでの暑さが嘘のように爽やかな風が流れてきます。まるで、別世界へ来たような気分になります。とても不思議な空間です。
 
   

  ●光前寺の光り苔(写真左)
 
本堂までの石畳を歩いていく途中、
両側にある石垣には苔が繁茂しています。
石垣の間を覗くと、 奥の方で苔が光っています。
これが光前寺の光り苔です。苔が光に反射して光って見えるのです。
 
   

  ●桜と鐘楼(写真左)
 
参道の途中の左手に、鐘楼(かねつき堂)があります。そのそばには、大きな桜の木がたたずんでいます。この桜は、4月になると見事な花を咲かせ、この桜を見に来られる方も大変多いです。夜桜もライトアップして幻想的な雰囲気をかもしています。
この写真は花が散った後の写真です。(2007年5月下旬撮影)
満開時期の写真は別ページに掲載してあります
 
     

 
 
 
   
  ●一切経蔵(写真上)
 
本堂へ向かう途中、池の手前右手の奥のほうに、小さな蔵があります。
右写真が蔵全体で、左写真は蔵の入口前の写真です。
ここは、一切経蔵といい、お経が納められている蔵です。
蔵の前に立てられている立て札には、以下の内容が書かれています。
 
「一切経蔵」
文化元年再建のこの経蔵内には六百年前、
遠州見付の天満宮より奉納された大般若経
六百巻ほか多数の宝物が秘蔵されている。
 
 
 
   

  ●石仏と石碑(写真左)
 
一切経蔵の近くに石仏が五体と、石碑らしきものが一つ並んでいます。
これを見つけたとき、なんとも言えない「ほほえましさ」を感じました。
 
   

●本堂前(写真上) 
長くなだらかに続いていた石畳の先には、石段があり本堂へ続いています。
その手前には、細長い池があり、そこを橋で渡って本堂へ向かいます。
 

  ●本堂(写真左)
 
左写真は本堂の前の写真です。参拝者がお香を焚いています。
本堂は、ご本尊不動明王と、八大童子をまつる祈願霊場となっています。
 
   
 

本坊内について
本堂へのお参りを終えて石畳を下っていくと、途中に本坊内へ入る横道があります。ここには宝物殿があり、庭園を眺めながらお茶をいただくことも出来ます。(拝観料が必要です、1人500円です。2008年10月現在)
 

  ●本坊の門(写真左)
 
本坊入口の門です。
通路の両側には、みごとな杉の木が何本も並んでいます。
 
   

 
●本坊内受付(写真上)   ●宝物殿と本坊(写真上)
ここで拝観の受付をします。   上写真の左側の建物が宝物殿で、右側の建物が本坊です。
 
   

  ●宝物殿(写真左)
 
宝物殿の中には、
「ご本尊」「普賢延命菩薩」「お釈迦様」「早太郎の木像」などが安置されております。
金色に輝くお釈迦様の像は、とても大きいのですが、穏やかな表情で横たわっておられます。
 
   

   
 

●本坊内の庭園(写真左)   ●本坊内の仏像(写真右)
左写真は本坊内にある庭園です。ツツジや桜など、いくつもの木々が植えられており、季節ごとに見事な景色を眺めることが出来ます。
この庭園を眺める部屋には、お釈迦様の版画や神器などが展示されています。
 
  本坊内休憩所に座しておりました仏像様です。やわらかい色が美しいですね。
 
   

  ●本坊内休憩所(写真左)
 
左写真は本坊内休憩所の中から撮影しました。白い花は、梅の木です。お茶をいただきながら眺める庭は、また格別です。
 
   



 
光前寺の桜(2008年4月)
     色鮮やかな昼間の桜は → こちらのページ
     幻想的な夜の桜は → こちらのページ

 
霊犬 早太郎伝説 → こちらのページ
     光前寺には昔より「霊犬早太郎伝説」が伝えられております。

 
光前寺の案内図  → こちらのページ
     光前寺内の名所・建築物などの配置がわかります。

 
光前寺についての観光案内所 (駒ヶ根市観光振興センター)
     お問合せ先 :(0265)81-7700
     ホームページ: 駒ヶ根市観光協会
 
 所在地:長野県駒ヶ根市赤穂759-447 駒ヶ根ファームス内
 

玄武トップへ  家相と風水へ  玄武の占いへ