玄武トップへ   高遠のトップページへ  
 
高遠城址公園
風水学研究所 玄武
     
 
 高遠 の 桜 
 
 
 
     
 

「高遠の桜」:長野県伊那市高遠(高遠城址公園内)

  高遠の桜は「高遠城」の跡地である「高遠城址公園」にあります。ここへ行くと見事な桜を見ることができます。
4月の桜のシーズンになると全国から大勢の方が訪れます。
桜の種類は「タカトオコヒガンザクラ」で濃い目のピンク色の花です。
(撮影カメラは「リコーデジタル2」です。)
   



高遠の桜の歴史
 

「タカトオコヒガンザクラ」は、明治8年頃から植え始め、樹齢130年を超える老木を含め、現在では約1500本ほどあるそうです。花形はやや小ぶりで赤みを帯びています。その色合いと樹林の規模の大きさは「天下第一の桜」と称されています。県の天然記念物の指定を受け、平成2年には日本さくらの会「さくら名所百選」に選ばれています。

 高遠の桜のお問い合せ
伊那市高遠のHP
    http://inashi-kankoukyoukai.jp/cms/modules/tinyd0/index.php?id=14
伊那市観光協会 高遠支部 電話:0265-94-2552

  右図は「高遠城址公園」の案内図です。
公園内で迷わないように、また目的の場所など、あらかじめ位置を把握しておくと花見見物が楽にできます。
 
詳しく見たい方は、右図または下記リンクをクリックすると拡大図を見ることができます。
 
   
       


   
高遠の桜の写真(2009年4月)
 

南ゲート付近

   
 
   
  上写真は、高遠城址公園の南ゲート付近です。
桜の先にある建物は「高遠町歴史博物館」です。ここには、大奥の大年寄として君臨した「絵島」が半生を過ごした「囲み屋敷」が再建されています。「絵島」は、「大奥」のテレビドラマで有名ですよね。
 
その先には高遠湖(ダム)が見えています。
とても見晴らしが良い場所です。
 
「絵島」についてはこちら
 

本丸入口門

   
 
       
  高遠城址公園の中には、いくつかの空堀が巡っていて、そこは橋で渡るようになっています。
写真は、本丸へ入る入口門です。手前には橋があり、空堀を渡ります。

桜雲橋

   
    上写真の本丸への門につながっている橋です。橋の名は「桜雲橋」と言います。
橋の朱色と、桜のピンク色がとても映えて映っていました。

空堀にて

   
   
  橋の下は「城の空堀」の跡地です。ちょっと降りてみました。降りてみると、上には沢山の人でにぎわっているのに、ここはとても静かな空間でした。風も上よりも冷たく感じました。時が止まったような、不思議な空間です。   左写真の空堀とは別の場所の空堀です。
ここもなぜか異空間のような感覚がします。
   

空堀にて2

桜のアップ写真
   
  空堀の中に池がありました。
空の青と、桜のピンク色が鏡のように池に映っていました。
  桜をアップで撮影してみました。
可憐な花を見ていると、心が癒されます。

南ゲート前にて

   
    色鮮やかで華やかな桜ですが、光の裏側にまわってみたら、また違った「おもむき」がありました。幻想的な桜を見ることができました。
撮影日:2009年4月中旬
この日は、まだ4月半ばだというのに、
とても陽気が良く、暑いくらいの一日でした。
 

 玄武トップへ   高遠のトップページへ