トップへ  家相と風水へ  玄武の占いへ  メール問合せ 
  a
 風水学研究所 玄武
TEL:(0265) 78-8378 FAX:(0265) 76-7381  
*** 山田の自己紹介 ***
 
   山田 弘明 (2007年現在 60才前半) 
   たま子   (40才後半)

世の中にはマジメに一生懸命努力している人に限って、
困難や不幸な人生があり、
そうかと思えば、
大した努力もしないのに簡単に幸運を手に入れる人がいる。

何をやってもうまくいかない人、うまくいく人‥‥不思議です。
努力しているのにいつも、うまくいかない、何事も障害がある。

 仕事にしろ、女性問題、結婚運など・・・。なぜだ? 

不思議ですけど、そういう人いますよね。
自分がそうなので、いつも不思議だ、どうしてなんだ、と思っていました。

私は以前、サラリーマンだったのですが、
マジメに仕事をしているのに、なぜか会社が倒産してしまうので、 独立しました。 
40才ぐらいの時です。精密業、サービス業などをやっていましたが、
1993年位より、
下水道工事の時に必要な、積算と設計を始めました。
パソコンやインターネットが流行しはじめた頃からです。
工事を請け負う会社からの依頼で一般住宅から公共施設までの設計です。
建築設計事務所、土建会社、下水道設備会社からの依頼です。
資格、長野県下水道排水設備工事責任技術者 第 199915008号
   下水設計図面を見る モ クリックして見る


この頃、
ある時、新聞を見ている時「風水」と書いてあるのを見て、
あ、、これをやろうと決めたのです。
そのとき下水設計の仕事をやっていたので、まんざら風水とは縁がないわけでもありませんでした。
下水設計は水回りの配管の設計ですが、風水も水回りの位置が重要となります。
現在も風水と下水設計の仕事をやっていますが、
下水工事の件で多くの住宅に伺うのは風水の勉強に非常に役立っています。

風水の勉強をしている時、個人の占いが、必要な事に気付き、中国占術を勉強しました。
以前から、どうして自分はこうなるんだ?と疑問に思っていました。
そこで、
自分を占ってみたのですが、とにかく、これでは悪くて当たり前
今までよく生活してきたものだと、
だからそうなんだ!とあきれるほどでした。
ですが、ほんの少し光の見える所があるので、それを大切にし、磨くしかないのです。
もっと若いうちに自分の悪いところ、良いところを知っていたならば、
ずい分違った生き方をしていたかも知れないのですが・・・。

それから、
個人の占いで、中国占術に限界があることが分かり、新たに東洋の占星術を勉強しました。
これにより占いの根本的な所が分かり、目からウロコが3枚位とれたような気がします。
この東洋占星術では、いろいろなことを学ぶことが出来ました。
また、自分のつらい経験や身近な人の経験はたくさんの参考になりました。
不安、苦しい、悲しい こんな時ありますよね!この事に立ち向かう事が必要です。
そして少しづつ占えるようになったのです。

たま子は、ライバルでもあり、同僚でもあり、理解者であり、妻のような、そうでないような・・・よく分からない人です。
しかし俺にとっては、居なくてはならない存在です、私に無いものを持っています。
たま子、山田は、今までの苦い経験が、風水や占いに大いに役立っています。
インターネットでの風水の運用は 平成10年9月からです。
           
                     
山 田  一白水星 本命卦 坎  AS  水瓶座   
たま子  五黄土星  〃  坎  AS  獅子座
                             平成15年08月

 
 

 
風水学研究所 玄武
URL  http://www.genbu.gr.jp/
E-mail  yamada@genbu.gr.jp
TEL (0265) 78-8378
FAX (0265) 78-8378
所在地  長野県伊那市大字境 1419-3
      山田 ひろあき