伊那まつり
風水学研究所 玄武
 
祭りだ!まつりだ!わっしょい♪い〜な♪
 
〜〜〜● 伊那まつり ●〜〜〜
 
 
夏といえばお祭りですね!
2008年8月始めに行われた伊那のお祭り風景を撮影してきました。 (2008年8月・第36回)
   

祭りのテーマは『和』
  家族の和、地域の和、旧伊那市・高遠町・長谷村が合併した新伊那市の和、
そして人類・世界の平和に願いを込めて。
   
キャッチフレーズは『熱・夏・竜』
  (A-TSU・NA-TSU・TA-TSU)
  「熱・夏」は、市民が主体となって活気と熱気に溢れた真夏の祭典、「竜」は、伊那市に流れる雄大な河川である「天龍川」を象徴しています。
     

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 1日目 【市民おどり】
-----------------------
  8月2日(土曜日)
-----------------------
  初日は、オープニング・パレードと市民おどりが行われました。
   

オープニング・パレード -- 御輿(みこし)行列の様子

   

オープニング・パレード -- 龍の舞

 

   

  上写真は「青龍」と「黄龍」です。
龍は、大きな金玉(きんぎょく)の後を追うように移動していきます。大きな玉は、白い衣装を身に付けた神子らしき人が持っています。
 
  「龍」は、伊那市に流れる雄大な河川である「天龍川」を象徴しています。 また、東からは清い「三峰川」の水が流れており、天龍川と合流しています。
 
  左下の写真は、玉を追う青龍。右下の写真は、青龍と黄龍の2つの龍が絡み合いながら、とぐろを巻き、玉を取り込んでいる様子です。
   

   


パレード -- 市民おどり

   
 
左上写真の着ぐるみは、伊那市のイメージキャラクターである「イーナちゃん」です。桜の花を身につけたイーナちゃんは、ピュアで愛らしく、とても爽やかな印象です。
 
市民おどりには、たくさんの市民の皆さん、そして企業の方たちが参加しました。また、友好都市の方たちも応援に参加されて約6500人の方たちが、伊那の夏の夜をエネルギッシュに踊りきりました。
   

   

  伊那といえば伝統の「伊那節」と「勘太郎月夜唄」ですが、数年前から「ダンシング・オン・ザ・ロード」という曲が新たに加えられました。これは、作曲家の「宇崎竜童」さんが作られたそうです。軽快なリズムでテンポが速い曲なので、ノリノリ気分になります。
ダンシング・オン・ザ・ロードの振り付けには「ドラゴン踊り」と「伊那粋踊り」の2種類の振り付けがあります。
 
「ドラゴン踊り」は動きが早い踊りです。一曲踊りきるにも息切れがしそうで、若向きの踊りという感じです。振り付けを覚えるのも大変そうです。その場で覚えようと思っても、なかなか覚えることが出来ませんでした。伊那粋踊りは、伊那節に似たゆるやかな踊りですが、それでいて軽やかな振り付けでもあり、年配の方でも粋に踊れそうです。
同じ曲に2種類の振り付けがあるので、体力に合わせてお好みのほうを選べるようになっています。
小学生から大人まで、そして年配の方、みんなで踊りを楽しんでいました。
   

 
 
2日目は花火大会でした。 → 次のページ